合宿終了後の継続的英語力向上法(専門英語編)

「使える英語」を身に着けるためには基本的に(一般英語編)でご紹介した方法を継続することで十分だと考えています。これだけで、英語を使ってビジネスも、学問も、何とかやりきることができるレベルに到達できるからです。ただし、ビジネスや学問といってもそれぞれの分野における専門用語はあればあっただけ、よりスムーズなコミュニケーションを実現できることも事実です。ですが、これは英会話学校のネイティブ講師が対応できるものではなく、皆さんご自身で補強するべき問題だと考えられます。ここでは、「使える」以上に英語の専門性を高める必要があり、またその余裕がある方に対して、(専門英語編)としてより高いレベルのトレーニング方法をご提案します。

映画活用専門英語学習法

それは、「映画活用専門英語学習法」です。映画を使った英語学習というのは、一般的にもよく提案されるものかと思います。しかし、私たちは「使える英語」を身に着ける方法として映画を教材に用いることをあまり推奨していません。むしろ、多くの人が抱く「洋画を字幕なしで見たい」という素直な欲求を英語学習の目標にすることは、目標設定の観点から好ましくないと思っています。なぜなら、不可能なことを目標に定めるとその時点で目標に到達できないことが確実に決まってしまうからです。英語を外国語として活用するというレベルにおいては、「洋画を字幕なしで見る(理解する)」ことはほぼ不可能に近いほど高度なことです。それは、この一見、健全に見える「目標」の背景に、「使える英語」を身に着けるために必要な要素とはかけ離れた①文脈の問題と②専門性の問題の二つの高すぎるハードルが存在するからです。①文脈の問題とは、日本語圏と英語圏の文化習慣の違いから、言語の背景についての理解不足のために文字面の把握だけでは理解ができないことです。そして、②専門性の問題とは、その専門分野における語彙の不足から純粋に文字面の理解ができないことです。ですが、この二つのハードルの高さを十分に認識した上で、あえて、自らに高度な負荷をかけることで、より高度な英語力を身に着けることを目的にするという姿勢で臨めば、この「映画活用専門英語学習法」は非常に有効な学習法であると考えます。実際の内容については次の実演にてご確認ください。

実演

使用映画:ローマの休日

使用映画:ローマの休日*権利の観点から著作権の切れた当映画を使用して説明します。実際には、各分野別お勧め映画の紹介をご参考にご自身に合った映画をご活用ください。

1. 字幕なしで一通り鑑賞し、最後に自己判断で理解度を記録します。

理解度30%

2. 日本語字幕を表示しながら鑑賞し、自分がその英語を把握できない部分で一時停止をしてその時間を記録します

① 文脈の問題のケース

主人公がカードゲームの賭けで勝負をかける場面

「乗るぞ」0:17:24

② 専門性の問題のケース

記者である主人公が編集長にアン王女の独占記事の企画を持ちかける場面

「我が社の独占取材による彼女の個人的な見解です」 0:38:08

3. その記録した時間の部分を英語字幕で確認し、その英文を記録します。

① 文脈の問題のケース

「About a “Look-in”」

日本語では「乗るぞ」となっていますが、英語では
「About a “Look-in”」
このままではさっぱりわかりません。

辞書で調べると、“Look-in”には「勝ち目、成功の見込み」の意味があることが分かり、ようやくつかめたといった感じです。まさに、文脈の問題の典型と言えるのではないでしょうか。ちなみに、この映画のDVDにはもともと英語字幕機能がなかったため、講師に頼んで英文を書き起こしてもらいましたが、ネイティブの彼でも5回くらい聞かないとこのフレーズを書き起こすことができませんでした。これでは、日本人の私たちには、とても分かるわけがありません(笑)

② 専門性の問題のケース

「Her innermost thoughts as revealed to your own correspondent, private, personal exclusive interview」

文脈の問題に比べたら、専門性の問題はそう難しいものではありません。単純に、その単語を知っているかどうかの問題だからです。

ですから、この「映画活用専門英語学習法」の実質的な目的はこの「それぞれの映画に関連する分野の専門性を高めること」にあります。是非、そこに意識を集中しながら頑張ってください。

4. 文章を把握出来なかった原因の特定

その記録した英文の中に分からない単語があるから把握できなかったのか、それとも単純に耳でしっかりと捉えることができなかったのかを確認します。前者の場合は辞書で確認し解決します。

この場合、その単語を「街角実況中継学習法」用のノートにリストに追加してください。

後者の場合は、俳優のマネをしながら、自然体で発声できるようになるまで音読をします(通常5回程度)。音読についての効用については様々な研究によって実証されていますが、最も積極的なモチベーションを与えてくれる理論として「人間は経験したことのない音は言語として認識されない」という英語脳理論があります。英語脳理論については こちら をご確認ください。この理論からも、この方法は「リスニング」と「スピーキング」の両方に対して効果的であるといえると思います。

5. 再び字幕なしで一通り鑑賞し、最後に自己判断で理解度を記録します。

理解度70%

この一連の流れを理解度100%になるまで繰り返します。ただし、二回目以降は、1.は省略します。これによって、それぞれの映画に関連する分野の専門性を高めることができます。(非常に限定的ですが、一部、英語圏の文化・習慣の背景、すなわち英語圏の文脈を学ぶこともできます。)

それから、何度も意識して聞くことによりリスニング能力の向上を、そして、聞き取れなかった部分についての音読を何度も繰り返すことからスピーキング能力の向上を期待できます。

各分野別お勧め映画の紹介

ビジネス(経済一般):インサイドジョブ

【時間】109 分
【主演】ジョージ・ソロス他

【難易度】易
専門用語以外には通俗的表現がほとんどなく非常に学習しやすい

医療:グレイズ・アナトミー

【時間】 387分(海外シリーズドラマ)
【主演】エレン・ポンピオ

【難易度】やや易
門用語以外に通俗的表現も多く出てくるが背景が限定されているので比較的学習しやすい

ビジネス(金融・証券):ウォール街

【時間】133 分
【主演】マイケル・ダグラス

【難易度】やや難
専門的なこと以外にも通俗的な表現が多いことから、中・上級者向けと言える

ビジネス(テクノロジー):ソーシャルネットワーク

【時間】120 分
【主演】ジェシー・アイゼンバー

【難易度】難
専門的なこと以外に通俗的な表現が多くまた話すスピードも速いことから、上級者向けと言える

法律:ザ・ファーム

【時間】 155 分
【主演】トム・クルーズ

【難易度】非常に難
専門用語、通俗的表現ともに、レベルが非常に高く、超上級者向けと言える