代表ブログ

日本の大学生が勉強しない理由

2018年4月6日 CATEGORY - 代表ブログ

皆さん、こんにちは。 前回、「オックスフォードからの警鐘」という本をご紹介して、日本の大学のグローバル化の動きが本来進む方向からかなりずれたものとなっている状況を説明しました。 本書は、日本の大学がそのような欧米のスタンダードを意識するのであれば、「英語化」よりも先に解決しなければならない問題があることを教えてくれています。 それは、日本の大学、特に文系の大学の「レジャーランド化」です。 ...続きを読む

オックスフォードからの警鐘

2018年4月4日 CATEGORY - 代表ブログ

皆さん、こんにちは。 以前に書籍紹介ブログにてご紹介した鳥飼先生の「英語教育の危機」にて日本の大学の危機意識のポイントがズレているということの指摘のところで参照されていた「オックスフォードからの警鐘」という本を読みました。 本書の著者はオックスフォード大学で教鞭をとられる刈谷剛彦氏で日本の大学のグローバル化の方向性について非常に厳しい指摘をされています。 現在、日本の大学は世界大学ランキ ...続きを読む

誰にお世話になっているのか

2018年4月2日 CATEGORY - 代表ブログ

皆さん、こんにちは。 よく考えてみるとおかしいのではないかと思われる日本語の表現について「なるほど!」と思える記事が立て続けにありましたので共有させていただきたいと思います。 それは、「お世話になります。」と「大丈夫ですか?」です。 前者についてのツッコミは、「課長島耕作」シリーズの著者弘兼憲史氏、後者についてはフリーアナウンサーの梶原しげる氏によるものです。 まずは、弘兼氏の「お世話 ...続きを読む