海外との取り引きを行う際に、まず必要となるのが挨拶、自己紹介、そして自分の業務上の職位を伝えられるだけの英語力です。特に「自分の現在の職位を英語で何て言うか分からない」というビジネスマンの方は意外に多いのではないでしょうか?

自己紹介SELF INTRODUCTION

英語で自己紹介といえども、当然のことながら日本語同様、決まったルールはありません。ですが、ビジネスを進めるにあたっては、必ず行わなければならないことですから、「名前・勤務先・肩書・職種」などは当然のこととしてあらかじめ準備しておくべきです。日本語でのビジネス上の自己紹介では、これだけの場合も多いと思います。しかし、国際ビジネスでは、ただでさえ相手側の情報が少ない中でのやり取りになりますので、できる限り相手に自分の情報を提供し、印象に残してもらう方が得策だと思います。そのため、英語ではさらに、趣味や休日の過ごし方など相手との共通点を見出せそうな情報もあらかじめ準備することを意識して行っておくと、良い自己紹介になると思います。

職位JOB TITLE

上記のように、自己紹介については、事前準備をするに越したことはありませんが、基本的には通常の会話の延長線上で考えればよいと思います。ただ、職種や職位などは、語彙の問題として意外と悩む部分だと思います。自分の働いてる部署や就いている役職を事前に調べておき、スムーズに使えるようにしておきましょう。

職種
英文 和訳
General Affairs 総務
Human Resources 人事
Accounting 経理
Planning 企画
International Sales 国際営業
Export 輸出
Import 輸入
Production 製造
Purchasing 購買
Sales Administration 販売業務
Legal 法務
Advertising 宣伝
Finance 財務
職位
英文 和訳
Chairman of the Board 会長
President 社長
Vice-President 副社長
Chief Executive Officer 代表取締役
Member of the Board 取締役
Auditing Director 監査役
General Manager 部長
Manager 課長
Acting Manager 課長代理
Subsection Chief 係長
Branch Manager 支店長