ランゲッジ・ヴィレッジでは、すべての受講者様が貴重な時間を無駄にすることなく目指す目的に必ず到達するために、自らのレベルにあった受講ができるよう配慮をしています。このページでは、それぞれのレベルごとに受講すべき内容を明示しておりますので、受講されるご本人様はもちろん、研修担当者様におかれましても参加される受講者様が適切な講座選択ができるようご協力をお願いいたします。

国内留学の効果発現のために必要となる最低条件

国内留学の効果発現のために必要となる最低条件

ランゲッジ・ヴィレッジの国内留学は、完全なる英語環境を提供することによって、既に参加者の皆さんの頭の中にある「英語知識」を活性化させることで1~2週間という短期間で「仕事で使える英語」を身に付けさせることを可能としています。そして、その「英語知識」として絶対に必要となるのは、義務教育である中学校3年分の「文法知識」です。ですので、一般的にはランゲッジ・ヴィレッジの1~2週間の国内留学で「仕事で使える英語」を身に付けるためには、あらかじめそのレベルが求められることをご理解いただきますようお願いいたします。

そのまま国内留学に参加可能なレベル

そのまま国内留学に参加可能なレベル

最低限必要な「英語知識」が、既に参加者様の頭の中にある状態です。具体的には、英検3級「満点」合格、TOEIC450程度が必要です。なぜなら、ランゲッジ・ヴィレッジの国内留学は初級クラスであったとしても完全日本語禁止としており、既に自らが持っている知識の組み合わせで自由自在にコミュニケーションを図る実践的トレーニングを行っていますので、初級のクラスでもこのレベルは最低限必要となるからです。その内容については以下のページをご参照ください。

文法講座を経由する必要があるレベル

文法講座を経由する必要があるレベル

では、英検3級「満点」合格、TOEIC400程度に達していない場合には、国内留学の受講を諦めなければならないのでしょうか。確かに以前はそうでした。しかしながら、グローバル化の進展によって年々、そのレベルであっても短期間で実践的な英語を身に付けなければならないという差し迫った需要を持つ企業様が増加してまいりましたので、その需要に対応するための特別講座を開発いたしました。それが、「中学三年分の英文法を血肉にする生合宿」です。その場合には国内留学受講前に当講座の受講を強くお勧めします。

そのまま文法講座に参加可能なレベル

そのまま文法講座に参加可能なレベルと事前学習教材で学ぶ必要があるレベル

文法講座については、文法知識ゼロの方を2泊3日で中学三年分の文法を実際に会話に結びつけるレベルにまで向上させることを目的としていますので当然ですが文法知識がゼロであっても問題ございません。ですが、単語知識もゼロですと、講座内のトレーニングを行うことができないので、目的を達成できません。例えば、中学時代からまったく英語の学習をしておらず、ほとんど英単語を知らないビジネスマンの方、もしくは中学一年在学中で中学一年生で学習する英単語をマスターしきれていない方については、事前学習教材をお渡ししておりますので、必ずそちらの学習目標を達成してから参加されますようお願いいたします。

事前学習教材で学ぶ必要がある方へ

事前学習教材

① 単語リスト
② 付属発音確認音声ファイル

*これらの教材は申込書に対する確認書類とともに受講者さまにお渡しいたします。