おすすめ書籍紹介

週刊東洋経済 2017年1/14号 #157

2017年1月11日 CATEGORY - おすすめ書籍紹介

【書籍名】 週刊東洋経済 2017年1/14号

【出版社】 東洋経済新報社

【価格】  ¥639 + 税

【購入】   こちら

久方ぶりの東洋経済の英語特集です。

今回の特集は、「速効英語」です。

速効、すなわちすぐに効き目がでる方法をいろいろ提案しています。

すぐに効き目が出るということは、どうしても全体的に「あんちょこ」系の紹介ということになるわけですが、その中でも「ビジネス英語」に関する部分については、一見の価値がありました。

テーマは「ビジネス英語は切り返し力」です。

ランゲッジ・ヴィレッジでは、それはもう口酸っぱく「ビジネス英語は存在しない」という主張を展開しています。

英語でのビジネスは、いわゆる「ビジネス英語」というこれを覚えればOK的な「あんちょこ」で何とかなるものではなく、最低限の文法知識と語彙知識を自由自在に使い倒すことによって、自分の要求を相手に受け入れさせることであるため、本質的には「日常英会話」の中に包含される概念となるからです。

全体として「あんちょこ」系の紹介が多かった本記事ですが、この「ビジネス英語」の部分については、次のような本質論を展開していました。

「グローバルなビジネスの現場で、「ちゃぶ台返し」に出くわしたことはないだろうか。意思の疎通がうまくいかず相手を怒らせたり、タフな交渉に立ち会ったり、複数の人たちを相手にファシリテーションをしたり。大なり小なり「英語で戦う」場面は必ず出てくる。そんな時、相手の言ったことにどのように反応するか。「切り返し力」があるかが、ビジネスのコミュニケーション力においては重要なのだ。」

ここでは、「切り返し」を行う際に、使用すると便利な「基本表現」がいくつもあげられていました。

結局これらも、「あんちょこ」系であることは確かなのですが、これらの「基本表現」を覚えておくことは、その後での自分の要求を相手に納得させる力技を繰り出すまでの「つなぎ」としては有用であると考えたため「おすすめ」させていただきました。