ビジネス英会話とはそもそも何だろう?

ランゲッジヴィレッジへの問い合わせで非常に多いのが、「ビジネス英会話の講座はありますか?」という質問です。実は、LVの講座に参加されるビジネスマンの方の半数以上がビジネス英会話の講座を希望されると言う事実があります。しかし、この質問には実は日本人の英語に対する大きな誤解の表れだと私どもは考えます。

私どもとしてはこの質問をお受けするたびになんとも歯がゆい感情を持ってしまうのです。

というのも、この質問が出てしまうこと自体が、日本における英語学習の目標到達地点(コミュニケーションツールとして英語を身につける)の設定が上手になされていない、と言うことを意味しているからです。

「ビジネス英語」とは、「ビジネス」+「英語」で、ビジネスの場面で用いられる英語を指します。つまり、ビジネス英会話とは、ビジネスという特定分野における用語群、もしくはそれらを多用に含んだ英語による会話です。もし「ビジネス英会話」というビジネス特定分野での専門用語があるならば、クッキング英会話、スポーツ英会話、医療英会話、芸術英会話……といったように様々な分野ごとに特殊な英会話が存在することになります。そう考えると、「ビジネス英会話」だけが特殊だという認識自体がそもそもおかしいのです。

ビジネス英語が存在するならビジネス日本語も存在する?

逆の発想をしてみましょう。「ビジネス英語」という言葉があるなら、「ビジネス日本語」という言葉も存在するのではないでしょうか。しかし、実際「ビジネス日本語」という言葉は存在しません。

わかりやすい例を挙げましょう。日本人の大卒者が入社して「ビジネス日本語」の研修を受けることはありません。ただ、ビジネスマナーやプレゼンテーションの研修を受ける場合はあります。

これは「言語」を学ぶという意識の下で行うものではなく、ビジネススキルの向上のため学ぶものです。日本語でビジネスマナーを、ビジネスプレゼンテーションをマスターするのです。ですから、LVを受講される社員様の日本語におけるビジネススキルは十分であることを前提に、LVに対しては「英語を使う力」の向上の部分に期待をされていると考えます。この点を明確にすることでLVは自らに求められている成果を確実に発揮させることに注力できるのです。

つまり、受講者もLV側も変な言い訳をせずに「英語を使う力」の向上を実現すれば自然と「ビジネス英会話」をマスターできるということです。しかも、日本人は英語ということになると取り立ててビジネススキル的なことに囚われる傾向があるように思います。このことについてもっと冷静にとらえ、目標設定を適正にするべきです。

日本語での営業トークを考えてみる

日本語でのビジネスの現場で何が必要なのかを冷静に考えてみればさらにわかるはずです。たとえばあなたが、ある会社の営業マンだったとしてある商品を顧客に売らなければならないとします。

その商談の席で、その商品を販売するために必要な言葉をピックアップしてみてください。初めは仕事と直接関係のない世間話をベースにコミュニケーションをとっていくでしょう。

そして最終的に商品説明や具体的なプレゼンの場面に移行したとしても、その言葉のほとんどは、あなたの所属する業界、もしくはあなたの会社に特有な言葉ではないでしょうか。ビジネスの成功に必要なのは相手との円滑なコミュニケーションであることは、日本語でのビジネスを考えれば明らかなのです。

この点については、こちら(「ビジネスマンのために」)のページで体感的に理解することができます。

私たち英会話業者に真に求められるべきこと

ビジネスにおいて必要な英語は決してテクニカルタームを用いた特殊な英語ではありません。そして、ときおり必要となるテクニカルタームであっても、その業界ごとに異なるため、もはやそれは「言語」の問題ではありません。つまり、LVの講師に、製造業の特殊な技術用語や医療関係の専門用語などを教えてほしいと求められてもそれに応えられるはずもないのです。

したがって、私たち英会話業者に期待されるべきことは、受講者がビジネスにおいてどのような状況におかれても、現在有している英語知識を駆使してしなやかに対応することができるようにすることです。一言でいえば、程度の差はあっても、自分自身で「英語ができる」と自信をもって言える状態にすることです。それさえ、実現されてしまえば、もはや多くの方が期待されるテクニカルタームなどは受講者が各々の必要性に応じて独自に達成されるものなのです。