日本人と英語

なぜ「行ったことがある」は「I have been to」なのか

2021年2月27日 CATEGORY - 日本人と英語

書籍紹介ブログにてご紹介した「英語の歴史から考える英文法の『なぜ』」から今までになく多くのテーマをいただいて書いてきましたが、いよいよ第九回目今回が最終回です。 最終回のテーマは「I have been to」です。 「~に行ったことがある」という経験を表す現在完了形の表現は、「I have gone to」ではなく「I have been to」であるということはほとんどの学習者が知って ...続きを読む

ofとoffについて

2021年2月26日 CATEGORY - 日本人と英語

書籍紹介ブログにてご紹介した「英語の歴史から考える英文法の『なぜ』」からテーマをいただいて書いていますが、第七回目の今回のテーマは「ofとoffの関係」についてです。 前置詞を学ぶ中で他の前置詞と比べてなんとなく扱いが難しいように思えてしまうものに「of」があります。 ほとんどの前置詞が、場所・時間・手段などを表現するのに対して、「of」は「の(=所有)」を表現するという役割をいきなり提示 ...続きを読む

大母音推移とはなにか

2021年2月25日 CATEGORY - 日本人と英語

書籍紹介ブログにてご紹介した「英語の歴史から考える英文法の『なぜ』」からテーマをいただいて書いていますが、第六回目の今回のテーマは英語の発音の変化「大母音推移」についてです。 英語が他のヨーロッパ言語と比較しても、綴り字と発音が大きく異なる場合が多いことは以前のブログ記事で何度か英語の歴史を取り上げながらお伝えしました。 そして、その違いを作り出した原因は、グーテンベルグの活版印刷の発明に ...続きを読む