代表ブログ

これからの中国の発展

2007年6月24日 CATEGORY - 代表ブログ

皆さん、こんにちは。

2日か3日前のヤフーのニュースで、中国の二酸化炭素の排出量が今年、アメリカを抜いてついに世界第一位になったということが載っていました。

ついにここまできたか、というよりか、あまりにもスピードが速い!いつものことならが中国の底知れぬパワーには本当に驚かされます。

しかも、その数字にはまだ、驚くべきことが含まれています。

絶対量では米国を抜いて一位になりましたが、国民一人当たりに換算したときの排出量はそれでもまだ、アメリカの4分の1に過ぎないそうです。

十年前の水準の詳しい数字が手元にありませんが、おそらく、十年前には中国は5位にも入っていなかったかと思います。

この十年で1位になったとしたら、もう十年後にはどうなるのでしょうか?中国一国で2位以下の全世界の排出量と同じ、なんてことになるのでは?と底知れぬ恐ろしさを感じてしまいます。

排出量、イコール経済規模というのがいまだ、世界の常識かもしれません。

でも、十年後には何とか二酸化炭素の削減量イコール経済規模といえるような世界秩序を作ってもらいたい。

そのイニシアティブを日本が中国と協力してとってもらいたいと強く思います。