おすすめ書籍紹介

英語だけの外国語教育は失敗する #180

2018年4月6日 CATEGORY - おすすめ書籍紹介

【著者】  鳥飼玖美子 大津由紀雄 江利川春雄 斎藤兆史

【出版社】 ひつじ書房

【価格】  ¥1200 + 税

【購入】   こちら

現在の日本では、あきらかにグローバル化=英語化ということになっています。

本来のグローバル化がまさに英語圏の考え方による「統合化」なのでそれはある意味では正しいことかもしれません。

しかし、EUではそもそも、グローバル化を推進しておらず、国際化(Internationalism)を推進しています。

そのため、その圏内で使用されている言語はすべて対等で、それらは相互に影響しあい、「新たなコミュニケーション能力」の創出につながるという考え方が基本にあります。

この考え方を「複言語主義」と言います。

本書は、鳥飼・大津・江利川・斎藤という私が「英語教育の番人」として尊敬するいつものメンバーが、この「複言語主義」の重要性を説き、日本における英語一辺倒主義へ警鐘を鳴らすものです。

これを読むと日本が進むべきは、アメリカ中心のグローバル化よりもEUが掲げる国際化の方ではないかと思えてきます。

#関連ブログ 1

#関連ブログ 2

#関連ブログ 3

#関連ブログ 4