「交渉相手の反応に合わせて英語を駆使する力」の向上のために

ビジネスで必要とされる英語力は、スピーチコンテストのように事前の準備で対処できるようなものではなく、交渉相手の反応に合わせて自由自在に英語を駆使する力です。

その力を高めるためにどうするべきかを考えれば、英語を定型化しようとする「ビジネス英会話」という概念は真っ向から否定されるべきものだと考えます。

しかし、私たちランゲッジ・ヴィレッジのこの考えは、英会話業界における一般的な考えと異なってきますので、まずはこの考えをご理解いただいた上で研修導入の可否をご検討いただきたいと考えております。

LVのビジネスマン向けの講座の提供スタンスについて以下のページは必ずお読みいただくようお願いいたします。

上記各ページにてご紹介させていただいたような「交渉相手の反応に合わせて自由自在に英語を駆使する力」の向上を実現させるために企業・法人様が継続的に英語合宿を格安で受講できるプランがございます。このプランを活用されていらっしゃる企業の社員教育担当者さまにインタヴューにご協力いただきましたので是非ご覧下さい。

インタビュー

某大手金融機関系シンクタンク
人事部 社員研修担当者様

Q 様々な英語研修を採用されてらっしゃると思いますが、その中での当社「国内留学」研修の位置づけを教えていただけますでしょうか?

海外長期出張、海外赴任の予定のある弊社社員向けの研修として利用させて頂いております。 英語スキルは継続的な学習により向上するものと考えておりますが、海外出張や 海外赴任の直前に利用させて頂く事で、一段階上の英語レベルを狙うことを目的にしております。

Q 「ビジネス英語は存在しない」というコンセプトを前提とした当社の「使える英語」のトレーニングを実際にご利用いただいた上で具体的な効果を認識されてらっしゃいますでしょうか?

弊社受講者からは、英語での文章の組立てが早くなったことや、簡単な会話であれば 英語で理解できるようになった等の報告を受けております。

Q また、上記のような「使える英語」の運用能力についてTOEICのみでなく、当社が独自に採用しているSEACTテストについても国内留学の前後で受験され効果測定されていますが、その点についての感想をお聞かせいただけますか?

TOEICでは計測できない、実践的な会話力を検証できる試験と認識しており、弊社受講生の英語能力の判断材料とさせて頂いております。

ご回答いただき、ありがとうございました。貴社からの受講生さまは非常に意識が高く、また明確な到達目標を持たれている方が多いので講師も非常にやりがいを感じているようです。今後とも、有用な研修の提供に全力を尽くします。どうぞよろしくお願いいたします。

お得な法人向け割引プランのご紹介

登録法人割引制度

法人としてご登録いただければ、貴社からの社員の方全てが最初からリピーター価格と同等のお得な金額で受講できます。

年間予定として最低3名以上の参加が予定される企業様のすべての社員の方の受講料が初回から20%OFFとなります。年間登録料は無料です。

企業向け「中学3年分の文法を2泊3日で血肉にする『生』講座」合宿について

無料のウェブ講座については こちら をご参照ください。

実際の様子についてはこちら です。

本校の国内留学合宿への受講者には中学3年分の英語知識が最低限必要となります。このレベルをクリアされているかいないかで合宿効果の発現に非常に大きな差が生じることが経験上明らかとなっているからです。今まではそのようなケースについてはすべて自らの努力でそのレベルに達してからの合宿参加をお願いせざるを得ませんでした。しかしながら、最近では急激なグローバル化ニーズによって、このレベルに達していない社員様に対しても短期間で「英語を使う力」を身に着けさせることが至上命題であるような企業様も多く見受けられるようになってきました。

そこで、本校では文法の体系的な知識がほとんどない、具体的にはTOEIC350に満たない方に対して「中学三年分の文法を2泊3日で血肉にする『生』合宿」を新設しました。この講座では期間内、早朝から深夜まで講師が付きっきりで特訓を行います。この2泊3日と通常の土曜日からの合宿に連続参加することで、知識ゼロからの飛躍的な向上を最短1週間(7泊8日)からという限定的な期間で達成することができるようになります。貴社の合宿参加予定者の中にTOEIC350に満たない方が3名以上いらっしゃる場合には開催予定日に関わらず臨時開催を検討させていただきますので是非ご検討ください。

合宿の効果測定および合宿後学習指針確立のために

上記インタビューの最後にてご紹介しましたように、研修の効果を最大限に引き出すため併せてSEACTテストを受験されることをお勧めします。

SEACTテストで英語でのやり取りの「修羅場体験」をすることで、ビジネスでの英語の活用の本質がよく分かるようになります。