日本人と英語

sleeping car って何?

2021年11月9日 CATEGORY - 日本人と英語

書籍紹介ブログにてご紹介した「日本人なら必ず誤訳する英文」からテーマをいただいて書いていますが、第三回目のテーマは「分詞と動名詞」です。

「不定詞」と「動名詞」を並べて議論することは一般的ですが、「分詞と動名詞」の二つを並べて議論することはあまりないと思います。

ただ、本書でこの二つの対比の議論を見つけて、今まで重要な視点を見逃していた、いや疑問には思いつつなんとなくスルーしてしまっていたことに改めて気づかされました。

それが「sleeping car」の品詞は何かということです。

本書では以下のような文章を提示してこの問題に気づかせてくれています。

「I found  a sleeping cat in the sleeping car. (私は寝台車で、眠っている猫を見つけた。)」

正直に申し上げて、私はこの文章の中の二つの「sleeping」の品詞が何かと問われたら、まよわず「現在分詞」と答えていたと思います。

ですが、ちょっと論理的に考えればそれはあり得ないのです。

その理由は本書の該当部分を引用すれば分かりますので以下ご確認ください。

「二つのsleepingのどちらが分詞で、どちらが動名詞でしょうか。分詞は形容詞で、動名詞は名詞でしたね。前者はsleeping がcatにかかって『眠っている猫』の意味になるので分詞、後者はsleepingが『眠ること』の意味で、car for sleeping =『寝台車』なので動名詞です。」

「あっ!」と思いました。

いままでにも「sleeping car 」以外に例えば、「running machine」「smoking area」など数えきれないほどの「眠っている車両」や「走っている機械」や「煙草を吸っている場所」を目にしてきたはずなのです。

そして、確かに「ちょっと変だな」という感覚を持ちはしましたが、それをスルーしてここまで来てしまっていました。

そうです。

これらは決してその後の名詞の状態を表すことで修飾しているわけではないのですから、「現在分詞」ではなはありません。

「car for sleeping 」=「眠ることのための車両」、「machine for running」=「走ることのための機械」、「area for smoking」=「喫煙することのための場所」という名詞句の一部を切り取って名詞の前に置いたものだととらえるべきだったのです。

つまり、これは「動名詞」だったのです。

それでもこれらの動名詞は「~の役割を持つ」という具合に名詞を飾ることになるので結局は「形容詞」として分類されるのでしょう。

その意味ではお行儀が悪いですが、「bullshit job( job like bullshit)」と同じということになるのかもしれません。

 

◆この記事をチェックした方はこれらの記事もチェックしています◆