代表ブログ

chinglishに気を付けて!

2009年9月11日 CATEGORY - 代表ブログ

皆さん、こんにちは。

今朝、出勤する車の中でラジオを聴いていたら、上海万博に向けて中国政府が中国の英語系の大学生に街の中にあるありとあらゆる英語表記をチェックし、改善していくような指示を出している、という話しを話題にしていました。

それは、「Chinglsih問題」といい、中国での社会問題となっているとのことでした。

国際化にともなって、街のあらゆる所の標識や看板を英語.中国語のバイリンガル表記にしようという動きは良いのですが、それを翻訳ソフトを完全に信用してしまってそのまま出してしまっているのでトンチンカンな英訳が多く見られるとのことです。

それで、早速インターネットで「Chingrish」で調べてみると面白いのがでるわでるわ。

しかし、LVの講師に言わせると、日本人の着ている英字入りのT-シャツなんかも「Japanglish」ぶりが激しくて中国をわらえないよとのことです。

英語を自然体に使うことの大事さを感じます。

でも、言葉は間違ったものでも、圧倒的に多くの人に認識されてしまえば「正しく」なってしまうものでもあります。

そのラジオで言っていましたが、私たちもよく使う「Long time no see」って元々は、「好久不見」のChinglishらしいですよ。