日本人と英語

will と be going to の違い

2016年8月21日 CATEGORY - 日本人と英語

wedding bride and groom couple doll with will you marry me colorful plastic letterpress

前回は、書籍紹介ブログにて紹介した「日本人の英語はなぜ間違うのか?」という本から、著者の日本の学校英語教育における「許せない」ことについてご紹介しました。

今回は、本書の中で、日本人が気になるけど、本当のところなかなか理解できない文法の「謎」について、著者が本当に分かりやすく説明してくれている部分を見つけましたのでご紹介します。

それが、「will と be going to の違い」です。

私は、自身の主宰する「二泊三日で中学三年分の英文法を血肉にする合宿」の中で、「will には、名詞として『意思』という意味があるので、いろいろ細かな理論はありますが、will には話し手の意思があり、be going toには、それがない時に使用すると思ってください。そのため、天気予報の明日は雨になるでしょうは、It is going to rain.としか言わないのです。」という解説を簡単にしています。

しかし、実際には「will と be going to の違い」については、私が最も信頼性と分かりやすさのバランスが良いと感じている文法書「ロイヤル英文法」を紐解いてみると、そう単純な説明にはなっていないのが事実です。

例えば、be going to にも「前もって考えられていた意図」を表す場合があるといった具合です。

文法を道具として活用させるためには、自分の中に迷いなく単純な理屈とともに記憶させる必要がありますので、私はあらゆる項目において、このような細かな情報を伏せ、上記のように、あえて極端に単純化した理屈を一つ一つの説明に加えるようにしています。

そんな中で、今回本書の中で次のような解説を発見しました。

「will は、『~しようと思う』と今この時点で決めたことに使用し、be going to は『~する予定です』と前もって決めていることに使用する。(中略)だから、飛行機の到着予定時刻を言うときには、will と be going to のいずれの出番もないのです。というのも、実際問題として予定時刻表の通りぴったり着くような国際便などめったになく、到着予定時刻はあくまでも、現時点で予想されている時刻なのですから、正確には、We are scheduled to arrive at 9:00 というような言い方になります。」

なるほど、予定といっても、過去にその予定を決めたときには、やはりその人の「意思」が反映されているわけですから、be going to にも「前もって考えられていた意図」を表す場合があるのは当たり前なわけです。

その意志が「今」起こったことなのかどうか。

この説明ならば、重要な情報を伏せることなく、受講者に迷いなく単純な理屈とともに記憶させることができると確信しました。

これなどは、英語のネイティブスピーカーであって、なおかつ日本語や日本人の論理構造にも造詣の深い人間でないとこのような的確な指摘はできないことだと思います。

早速、この点を「二泊三日で中学三年分の英文法を血肉にする合宿」の内容に反映させたいと思います。

そして、今回本記事を書くために久しぶりに「ロイヤル英文法」を開いてみたのですが、なんと本書の著者マーク・ピーターセン氏は、この名著の英文校閲者にも名を連ねているではありませんか!

改めて、彼が英語のネイティブスピーカーとして本当の意味での英語と日本語の橋渡しのできる数少ない人材であると認識した次第です。