美術館

美術館の詳細

2014年10月29日 CATEGORY - 美術館

2014年に急逝した現代芸術家 鈴木雅博氏と富士宮市にて創作活動を共にした佐野剛、楠本惠子両氏の代表的作品をLV館内に常設展示しています。

suzuki_masahiro

展示趣旨

現代美術家の故 鈴木雅博氏の遺作をランゲッジ・ヴィレッジに寄贈していただくことになりました。アルミを素材とする画家としては世界の第一人者の鈴木氏は実に衝撃的作家でした。作品の主題は「COSMIC」的空間の追求。錆びた鉄と冷たく輝くアルミニウム板をやわらかい曲線のフォルムでコラージュした作品を引っ提げて登場して以来、現代美術界に衝撃を与え続け、世界を舞台にエネルギッシュに活動されてきました。その中で自他ともに意識されたのは鈴木氏の中にある「日本の美」だと言います。この鉄とアルミに込められた「日本の美」を世界に向けて発信し続けた鈴木氏。これは、多くの日本人に対して英語というツールによって自らを世界に発信するお手伝いをしているランゲッジ・ヴィレッジの理念にも通じるものであると考えています。

これら鈴木氏の作品とランゲッジ・ヴィレッジのご縁をつなげてくれたのは、鈴木氏と富士宮市にて共同で芸術活動をされてきた佐野剛氏と楠本惠子氏です。今回、鈴木氏の遺作とともに佐野・楠本両氏の作品も一緒に展示されます。それにより、彼らの友情と創作への情熱が時空を超えて続いていくことを願っております。

作家紹介

~鈴木雅博 Masahiro Suzuki~

suzukimasahiro

1944生まれ。イタリア、ニューヨーク、ワシントンにて個展開催。フランス、アメリカ、カナダ、イタリア、中国、韓国などの国際交流展に多数参加。「サウジアラビア・日本国交50周年記念JAPAN INDUSTRY 2005」に出品(リヤド)。日本国内における個展開催は100回を超える。受賞 独立展独立賞、独立展小林賞、独立展中山賞、安田火災美術財団奨励賞、ほか。文化庁現代美術選抜

~佐野剛 Tsuyoshi Sano~

佐野剛

1951生まれ。大阪芸術大学在学中にミラノブレラ大学に留学。1978 ユーゴスラビアにて個展開催。1979 21世紀アートスタジオ設立。1983 渡仏、1988 渡米。1996 ニューヨーク CASTIRON GALLERYにて個展開催。2001 ラスベガスASIANNOW2001 出品 優秀賞受賞。1993~2014 ギャラリーGK 個展開催。

~楠本惠子 Keiko Kusumoto~

Kusumoto

福岡市生まれ。中学時代の教科書に載っていた「ジョージア・オキーフ」の作品を見て芸術を志す。西南学院大卒業。日本表現派同人・女流画家協会会員・NPO法人 現代美術普及協会理事。2004 福岡市立美術館、2007 GALERIA GAIA (韓国・ソウル)、2012 THEANNEX ART SPACE(USAニューヨーク)にて個展開催。2000年以来「YELLOW」を主とした作品が多い。

◆展示作品一覧

こちら のページでは、展示作品をリストアップしています。各作品の 「ウェブギャラリーはこちら」 をクリックしますと各作品を詳細にご覧いただけます。 富士山

佐野剛 作