おすすめ書籍紹介

日本語の科学が世界を変える #182

2018年4月25日 CATEGORY - おすすめ書籍紹介

【著者】  松尾 義之

【出版社】 筑摩書房

【価格】  ¥1,500 + 税

【購入】   こちら

「日本人はなぜ日本語で科学するのか」

多くの日本人は「当たり前じゃないか」と答える一方で、日本人以外の国の人々はほぼ「信じられない」と驚きをもってこの質問に対峙することになります。

この質問に対して日本人がこのように他の国の人々とは全く異なった反応を示すということは、日本人が英語との付き合いを他の国の人と全く異なった形で行ってきたことを表しています。

そして、その付き合い方の前提となるすでに日本人が有している言語的資産は他の国の人々からすれば、考えられないほどにうらやましいことでもあります。

そのことをまずはしっかりと理解をした上で、英語との付き合い方を考えないと、その優れた言語的資産を無駄遣いしてしまうことになってしまいます。

その点について本書は、日本人が英語を学ぶ前提と考える上で非常に有益な知識を与えてくれています。

このような理由から、本書は英語学習に関する本ではありませんが、この書籍紹介ブログにてご紹介させていただきます。

関連ブログ#1

関連ブログ#2

関連ブログ#3